バラ園での動く瞑想を終えて

バラ園での動く瞑想を終えて

【バラ園での動く瞑想を終えて】

「スピリチュアルじゃなくても
本当に自然に感じ取れるエネルギーや波動。

ここに来ると、本当に気持ち良いなぁ〜」

参加してくれたせいこちゃんが
FBにこんな風に表現してくれていて
とっても嬉しかったのは

このイベントを立ち上げたとき
のりーんちゃんと私の間で
「なるべく特別な〈スピリチュアル〉と
勘違いされないようにしよう」
と話し合っていたから。

のりーんちゃんにとっても
私にとっても
〈スピリチュアル〉というのは
普段、身の回りに当たり前にあることなのです。

最初に体験した
バラとクリスタルでつくる曼荼羅づくりでは
曼荼羅というのは宇宙を表現するものです、
自分の中の宇宙を
自由に表現してみてくださいね~とのこと。

思い思いにバラと石を並べて
出来上がった作品が
ひとりひとりが本当に全然違っていて

それが愛おしい…と
のりーんちゃんが胸がいっぱいになっている。

わたしたち
誰一人として
同じ人はいないし
みんな必要な存在なんだな~
って私も感じ入る。

曼荼羅は
壊れてしてしまっても
心の中にずっとあるもの

そして
「ごはんやおかずを並べる時にも
いつでも日々できるんですよ~」って
のりーんちゃんの付け加えた言葉も大事!

だって、日常に活かしてもらうことこそ
私達のイベントの目的だから。

「薔薇もクリスタルも私達も
窒素と炭素と水でできていて
同じ存在なんです。

何か特別なことを
お願いするものではなくて
おともだち。

共存する存在なんですよ」

「植物や鉱物は
人間と違って
感情が起伏しないですよね。

そんな彼らを見ていると
揺れたりぶれたりしても
私達は帰れる場所…
そう、自然という場所があるって
元気づけられますよね。

だって、私達は自然の一部ですから」

これらの
のりーんちゃんの言葉は
いつもわたしがバラたちを通して
伝えていることと同じで
嬉しくなる。

ひとつ違ったのは
後半の動く瞑想体験!

子供の頃の心に戻って
バラたちの中で
飛んだり跳ねたり唄ったり、

自分の存在とみんな、
そしてみんなとバラたちを
身体全体を使って
融合する体験をさせてくれたこと。

あ~私はこんな風に
バラたちに愛を表現したことなかったな~。

頭でっかちだったことを
今更ながらに思い知る。

自分のハウスなのに
大人の遠足に出かけたような
そんな開放感と愛を
身体で味わった新月の日。

だれもが世界一の存在だって思えたし
みんなのことが大好きだって確信したし
感謝であふれた
旧暦霜月のはじまり。

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。