「時間をはずした日の祭り」でお会いした 表現者の方たち

「時間をはずした日の祭り」でお会いした 表現者の方たち

「この世に死がある以上
芸術がなければならぬ」

「芸術無くば
涙はどこへぶちまけるか」

というのは、21歳で出征し
戦争で死と向き合った水木しげるさんの言葉。

「生きる喜びを味わうのに遠慮は無用。
痛いものには痛いといい
死を単純に怖いと思う。

ありのままの実感に対して素直になって
流す涙が芸術であり文学である。」

こちらはその「水木しげる出征前手記」の
片山杜秀の書評。

今年5回目となる
「時間をはずした日の祭り」でお会いした
表現者の方たちもまた

神社という特殊な舞台で
自分の魂と向き合い感じ取った
その日のありのままを
即興で表現した

その場におられた皆さんと
芸術を通して
共に祈り
共に感じられたこと

これからの365日
生きる喜びを味わうスタートにしたい

しっかりとしたお礼を投稿したいのに
マヤ暦新年はすごい暑さで
ハウスの冷蔵庫が壊れたり

めまぐるしい始まりで
大変遅くなりました

土曜日の夕方で
各地のお祭りが重なった中

思いがけずたくさんの方たちにご参加いただき
本当にありがとうございました

皆様あってのあの場…ですから
心から感謝しております。

佳き365日をお過ごしください♪

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。