目に見えない形での生きた証とは

目に見えない形での生きた証とは

15年以上月一回バラを取り続けてくれているお店が一軒ある。

そのお店のオーナーは60歳過ぎの女性の方で
無口なので、お互いのことは屋号ぐらいしか知らないし
配達してもお天気の挨拶くらいの間柄だが

毎回バラをご覧にな表情が
私まで嬉しくなるくらいの笑顔で
淡々と続いてきたお客様である。

いつものお店に花を配達に行くと
3回くらいしかお目にかかったことのない
オーナーの娘さんが出て来られて
「母は、昨夜亡くなったばかりなんです。
どうぞ会ってやってください」
とおっしゃる。

驚いて奥のご自宅に上がると
死化粧をした
瑞々しく美しい顔のご遺体があり
しばし別れを惜しませてもらった。

肺がんを長く患っておられたとのことで
覚悟を決めておられたのか
娘さんもオーナーのご主人も涙の痕もなく
私の方がうろたえている。

あまりの急な出来事にびっくりしすぎて
帰りの車の中の気もそぞろで

うちのスタッフと主人に話すと
「お若かったのに残念でしたね」
と私と同じように悲しんでくれたのだが
何か腑に落ちず、とっさに母に電話した。

母はすぐさま
「まあ!びっくりしたやろ~!」
と私を思いつく限りの
いたわる言葉で埋め尽くし

「ゆきに会いたいと思ってくださったんだね。
このお仕事していてよかったね」
と言ってくれた。

私の心が何に揺さぶられていたのか
私が何故母に電話したのか
私自身より本能で察知している母の言葉。

この地球上どこにいても
きっと私のために飛んで来てくれるであろう人の存在に
ほっとして
せき止めていた涙が頬を流れた。

あのお店のオーナーの娘さんも
たまたま配達に行った私を
何の戸惑いもなく家にあげ
挨拶させてくれたのは

離れて暮らしていても
オーナーがバラがお好きだったことや
そのタイミングに来た私に
会わせたいと思った直感めいたものがあったのだと思う。

私が母の存在に感謝し
「自分の子供たちにも
このような母親でいてやりたい」と思ったように
オーナーから娘さんに引き継がれている気持ちも含め

人間が生きた証というものは
このように目に見えない形で残っていくのだと思った。

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。