プロポーズ・誕生日・記念日に幸せ波動の高級バラの花束を。バラの花束通販ショップ「ベルローズ」

伊予灘ものがたり結婚式

伊予灘ものがたり結婚式

森のハーバルライフチームが
泉さんの息子さんの結婚式にて
お仕事も兼ね出席させていただきました。
             
それも今回TVニュースにまでとりあげらえた
JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」にて
松山~大洲の往路はセレモニー
復路は披露宴という珍しいものでした。
                  
全てが分刻み。
冷蔵庫は使えず
花嫁の控室もない…など
経験したことのないウエディングに
メンバーは当日までに
かなりの打ち合わせと計画を重ねました。
                       
私はブーケや髪飾りのバラを担当でしたが
お色直し後の飾りが
全てわずかな吸水で繋げるものだったので
                       
暑さの中出番まで
どのくらいの保冷剤で持つか
                 
また列車の中でかさばらないように
どのように運搬し
途中数分間で
花嫁がトイレとお色直しができるように
段取りできるかが勝負でした。
                   
この日までに
保冷材の量や
保冷庫での保管時間なども
実験を繰り返し

計算したとおり
前日遅くから創り始め
当日できあがり
朝日に背中を押され
晴れやかな気持ちでハウスを出発できました。
                    
JR四国スタッフや
プランナースタッフなど含め
全員の凄い集中力と行動力は
全体を押し上げるような力のある心地よいもので
私たちもスケジュールを確認しながら
なんとか乗り切り
              
最後司会の河野さんの締めの声を聴いた時には
心からホッとしました。
         
                           
セレモニーをゆっくり味わう暇はありませんでしたが
ご出席のみなさんの祝福に溢れた笑顔や
新郎新婦の輝くような喜びのオーラ、
ご家族のホッと安心され
これからのお二人への思いに溢れた眼差しが   
スタッフたちの熱量と溶け合い
経験したことのない
一体感が生まれていて
                  
列車を降りた時には
それぞれの人たちが
新たな思いを持ち
別々踏み出していく
「駅」というキーワードが
ぴったり当てはまる光景で
小説の中に身を置いたような感覚に包まれ
身が震えました。

                       
何より
お仕事として
居場所を与えていただき
              
後から泉さんがミニ打ち上げで
親として結婚式の感慨に浸る以前に
森のハーバルライフチームの
お仕事についての未来を
私よりも熱心に語りつくしてくださったことにも
感激しました。
                    
こんな泉さんなので
わたしたちも
真剣勝負で臨めたのでしょうね。
                 
最初のブーケに使わせていただいたバラ
「イングリッシュアイズ」のバラ言葉
「リセット&スタート」は
ひとつの終わりが
始まりとなる
この門出に立ち会った全ての人への
メッセージだと
改めて思いました。

70903075_2285953164849403_8165555341702987776_n

70407777_2285953198182733_1398307322828161024_n

69952969_2285953258182727_8351240371480559616_n

70829186_2285953321516054_1096605244881633280_n

71095443_2285953368182716_6655538195838533632_n

71134666_2285953484849371_9065511712186171392_n

71148755_2285953544849365_6642506650882146304_n

70584402_2285953604849359_5965424804927373312_n

70576747_2285953658182687_3018264211152175104_n

71143843_2285953694849350_5461753294340751360_n

71064651_2285953741516012_2584208635760476160_n

70887942_2285953801516006_3934970657737015296_n

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する