伝統工芸を継承されている井原圭子さんが新聞に掲載されました

伝統工芸を継承されている井原圭子さんが新聞に掲載されました

「美は生活に即して生まれてくる」

今丁度読んでいる
柳宗悦の「民藝とは何か」に書かれています。

「工芸というものがは
反復の短調であるが
技量の完成を与え

人々は何を作り何を描くかをすら忘れて
手を動かしており
そこにはもはや技術へのためらいがなく
意識への患いがない」とも。

淡々とお仕事を続けることで
きっと自我もなくなっちゃうのでしょうね。

生活の中から
私達祖先が産みだしてきた美、
大切にしていきたいです。

日本の大切な伝統工芸のひとつを
新居浜で継承していらっしゃる井原さんの記事が
昨日の愛媛新聞に出ています。

和紙を作るための道具・すき簾を
全国で6人だけ継承されている方のお一人で
昨年文化庁長官表彰を受けられました。

多くの方に知っていただきたいお仕事です。

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。