里山文化祭を終えて

里山文化祭を終えて

「バラの話、お茶とお菓子、
すてきな薔薇を間近で見れるのかなぁ〜と
とても楽しみにしております」

初めてうちに来られる方から
前日にいただいたメッセージに

ああ、難しく考えることはない、
皆さんバラに会えることを
楽しみにしてくださっているのだと
肩の力が抜けました。

里と山の文化祭
イベントの席が埋まらないからって
心配する必要もちっともなくて

親分・貴ちゃんからも
「大丈夫よ~」
と励まされていた通り

ちゃんと集まるべく人が
集まってくださって

ワークショップでは
私のつたない言葉に
皆さんちゃんと素直に従って

小さな瞑想をし
心の中をバラたちで
一杯にしてくださって。

真紀さんのお菓子が
心に染み入ると感じてくださったのは
五感を研ぎ澄ましたみなさんが
真紀さんの手や心のぬくもりまでをも
食べてくださったからであり

バラたちの育つ場所を感じ観て
彼女たちの役割や生まれてきた思いまでをも
共に連れ帰っていただけて

結局は
すべてをゆだねればよかっただけの私は

みなさんの笑顔に
心から感謝の思いで一杯になったのです。

ご縁とは不思議なもので
真紀さんのお義母さまや
古くから応援してくださっているお客様、

来れないかもとおっしゃっていたのに
かけつけてくださった
私達にとって大切な師匠、

2年前にワークショップのことで
アイデアをいただいたご夫妻、

ベルローズにとっても
ブールノワゼットにとっても
大切な方たちが一堂に会して

新しく来られた方とも
私達のお茶会らしく
皆でひとつの会話がすすんでいって
楽しくご縁が繋がっていきました。

世の中
色んな不安をみつけようと思えば
いっぱいあるし

わたしだって
人並みに
頭の中には
悩みがあったりもします。

でも、こんな風に
人の綺麗な綺麗な魂と
触れ合えた日には
それらを手放せるんですよね。

振り払おうとしなくっても
不思議なくらいに
自然に、そっと。

バラたちが
作りだしてくれる
時と魂との
一期一会。

これからも
大切に。

*ブールノワゼットさんでも詳しく紹介いただいています。
http://ameblo.jp/beuure-n/entry-12223022606.html

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。