11月23日 里と山の文化祭、無事終了致しました

11月23日 里と山の文化祭、無事終了致しました

こどものころ
本気で叱ってくれて
本気で遊んでくれた大人たちは
今でも自分の中のヒーローであり
自分の中の「まこと」を
形作ってくれた人たちだと思っている。

今回「だるまさんころんだ」を
審判までつけて
田圃の中で本気で遊ばせてくれたり

カチカチの泥団子に
色を塗らせてくれたりした
大人たちを

美味しいものを
楽しそうに作ってふるまってくれる
おかあちゃんたちを

子供たちはどんな目でみてただろう。

そして自然と共に
きらめいている子供たちを見て
大人たちは
どんなことを思っただろう。

「暮らし」の大切さを分かち合い
未来の子供たちが
希望をもって
安心して暮らせる社会をのこしたい。

地域の問題を
出来る範囲で
他人事ではなく
自分のこととして捉え
寄り添って生きていきたい。

そんな風に考えて
長い間
地域でコツコツと
活動してきた貴ちゃんに
共感した人たちが

西条里山活動隊を結成し
今回の里と山の文化祭を作り上げました。

私が貴ちゃんってすごいなと思っているところは
地域の全ての世代を巻き込んでいること。

気が合う仲間たちや
同世代のイベントの開催が多い中

貴ちゃんのイベントには
近所のおじいちゃんやおばあちゃんが
野菜を売りに来たり
しいたけの菌打ちイベントの講師だったり

高校生や大学生も
学校を通じて参加しているんです。

今回も、単なるイベントではなく
私たちの地域の守ってきた
…そして守っていきたい「暮らし」が
テーマなので

どんな店舗が出ているなどのアピールよりも
その意図や内容を見てもらうチラシを作成。

何度も集合し
目的を確認し合いながら
準備を重ねてきました。

子供たちに自然の中で
楽しんでもらえる企画、
大人には
地元にある巨樹ツアーや
空き家見学ツアー、
地域の未来を語るお話会などなど…

私たちが
今大切に思うことを
自然な形で伝わりますようにと
計画しました。

私と真紀さんは
「エレガント部」として
里山の大いなる自然の中での
素敵なお茶会の演出を担当。

癒しの場として
させていただけることを
全力で一生懸命取り組みました。

どんなことが起こるか
予想もつかない未来を心配し
不安な心でウロウロするのではなく

まず目の前の今できることは何だろう、とか

誰と繋がって行けば
どんなものが創り上げられるのかなあ、とか

笑顔が循環している会場で
これからの未来に向けて
何かのヒントが見えてきたのは
私一人ではないと思います!

いらしていただいた皆様
準備から後片付けまでご協力してくださった関係者の方々
出店やスタッフとして会場を盛り上げて下さった方々
そして里山活動隊のみんな!

本当にありがとうございました♪

詳しいご報告はこちらのページへ。
https://www.facebook.com/satotoyama/posts/1998969323673692

また来年も11月23日開催予定です♡

24068113_1408035405974521_3945818608034638807_n24130033_1408035359307859_1108590557378076520_n24130038_1408035319307863_8530862480473140438_n23905397_1408035265974535_681704070241487514_n24059025_1408035229307872_2617613800060797474_n23915864_1408035172641211_4906600529484701338_n23905752_1408035059307889_1807876643649656509_n

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。