第一回時間をはずした日の祭りの思い出

第一回時間をはずした日の祭りの思い出

「第一回 時間をはずした日の祭り 2011」

最初に始めた時には
まだ数人の参加でした。

2011年に松山で開催された
コズミックダイアリーの講座に感化された私が
夢花さんに持ちかけて
石鎚神社で芸能を奉納させていただこうと
話がまとまったのが始まりでした。

波動バラを飾った舞台で
お能の大亀先生、
篠笛の阿部一成さん、
夢花さんのコンテンポラリーダンスを
順番に奉納していただくという形が

いつのまにか
コラボレーションとなり
今回7回目には
大きな流れのうねりに添った
一つの作品に形を変え

そこに参加者全員の
「祈りが乗る」形になりました。

続けることは大切だと感じています。

28日周期の自然に添ったコズミックダイアリー
7年間つけ続けることで
今年から主人が使い始めることにもなり
思ってもいないマヤ暦新年になりました。

私らしくカメさんの歩みで
ジワジワと変化していっています。

写真を久しぶりに見ると
ずっとお手伝いしてくださっているえりこちゃん、
今は内子で祭りをされているTaraさんご夫妻
レンさんや娘、一成さんファミリーも写っていて
繋がりを再確認!

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。