【10/28】古佐小基史ハープ演奏会 in 波動バラ園 <4>

【10/28】古佐小基史ハープ演奏会 in 波動バラ園 <4>

今回、古佐小さんのベルローズでのハープ演奏会の
4回目が実現する運びとなり、大変嬉しく思っております。

自然をテーマに創られた古佐小さんの音楽は
私達「命」に直接語りかけ、魂が光りだすような気さえしてきます。

いつもバラたちにはCDで聴かせている古佐小さんの演奏を
生で聴かせることができること、
そしてバラたちや古佐小さんの音楽を愛している皆さんと一緒に
共有できること!この日の素晴らしい共振の波動が、
地球に宇宙に更なるエネルギーをプラスできたらいいですよね!!

40名様限定になります。
お早目にお申込みくださいませ!

◆バラハウスでの演奏会のため、気温の上昇、窮屈な思いや不手際も多々あるとは思いますが、できるだけのことをさせていただきたいと思っております。
皆さま、ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

◆なるべく座る席はご用意するつもりですが、聴く場所によっては立見の方が見やすくなるかもしれません。
良いポジションを確保したい方は、早めにお越しください
◆駐車場は臨時駐車場を用意しておりますが、乗り合わせてお越しいただけると助かります。
(誘導に従って駐車をお願い致します)

—————————————————————————————–

【日  時】10月28日(土)13:30~16:00 (限定40名様)

【場  所】自然のギフト ベルローズ波動バラ園(下記詳細)

【会 費】 大人 2000円
中高生 1000円
小学生以下無料

—————————————————————————————-

【古佐小基史プロフィール】
古佐小基史(こさこもとし);ハーピスト、作曲家、即興演奏家
1971年生まれ。愛媛県松山市出身。
現在アメリカ、カリフォルニア州首都サクラメント市近郊に在住。
東京大学医学部保健学科卒業後1年間東京大学医学部付属病院精神神経科に看護士として勤務、1997年に渡米する。

3歳から12歳までの9年間、ピアノの個人レッスンを受けるが、以降は独学で音楽を学ぶ。
中高生時代はロックギターを演奏し、大学入学後はジャズに転向、プロのジャズバンドにも参加し、スイングジャーナル誌では「最も注目すべき若手ジャズギターリスト」としても評価される。

渡米後、1999年にギターからハープに転向する。
ほとんど独学で演奏技術を習得し、2001年には演奏活動を始め
2002年、2003年にはソロハープ・クラッシックアルバム “Celestial Harp” シリーズを2枚リリース。
2006年から2010年までストックトンシンフォニー(カリフォルア)主席ハーピストとして活動し、2009年11月のストックトンシンフォニー(カリフォルニア)でのコンサートにおいては、モーツアルトによるハープとフルートのための協奏曲のソリストとして演奏する。

2007年からは、即興/オリジナル曲の演奏に活動の重心を移行し、2007年8月、米国ハープメーカー、ライアン&ヒーリー社主催の国際ジャズ、ポップハープコンクールにおいて、日本人としては初めてペダルハープ部門で入賞(準優勝)を果たし、アメリカのハープ専門誌“ハープコラム”で「日本出身で二位受賞のKOSAKO MOTOSHIは、ジャズピアニストのキースジャレットを思わせる内省的な即興で特筆に価する」との評価を受ける。

2008年3月には全曲古佐小自身の作曲によるアルバム“Naked Wonder”をリリースする。
2008年より日本での演奏活動を開始し、「ハープの未来2009」(横浜みなとみらい、2009年6月)への出演など、東京、横浜、三重県津市、愛媛県松山市でコンサート、ワークショップ、講演会等を開催している。
2010年よりアメリカのグラミー賞受賞アーティスト、ポール・マキャンドレス氏(オーボエ、イングリッシュホーン、ソプラノサックス、バスクラリネット)との即興演奏を主体としたコラボ「」レーションを開始。マキャンドレス氏とのデュオアルム“Place in the Heart”を MAKK RECORDS INTERNATIONAL よりリリースし、日本では2011年よりキングインターナショナルより配給となる。

カリフォルニアでの活動では、ポール・マキャンドレスをはじめ、フレットレス・ベーシスト、マイケル・マンリング(ウインダムヒル・レコード)やビル・ダグラス(アート・ランデ・グループ ECMレコード)など、トップ・アーティストを起用している。

2014年には、リオ・ハープフェスティバル(リオ・デ・ジャネイロ/ブラジル)、アメリカハープ協会2014年総会(ニューオリンズ/アメリカ合衆国)、世界ハープ会議2014(シドニー/オーストラリア)への出演が予定されている。

また、2009年より職域・地域を対象にした予防・健康増進の統合医療的プログラムを研究するトータルヘルス研究会において、良い音楽に触れることでもたらされる得られる心身への恩恵の重要性の啓発と、心身に良い影響を与える音楽の研究を取り組み、2012年に公衆衛生専門雑誌「保健の科学(杏林書院)」に論文「トータルヘルスと音楽」を発表する。現在、同研究会の分科会、音研究会代表も務める。

**********************
★ベルローズの見つけ方★

ナビに設定すると、変な場所に連れて行かれます。
必ず下記のHPをご参考になさってくださいませ!

http://bellerose.jp/aboutbellerose/access

コメントおまちしております

*
* (公開されません)
*

facebookにコメントを投稿する

ご注文電話番号
ベルローズのバラの花束・ブーケ・アレンジメントの通販ページはこちらからお入りください。